So-net無料ブログ作成

ガレット・デ・ロワ [食べ物]

ガレット・デ・ロワ  1月6日の公現節を祝うキリスト教のパイ菓子。

私はキリスト教ではないけど、なぜか子供のころに食べた記憶がある。

このところバタバタと忙しかったんだけど、ネットを久しぶりに開いたらヒットした。

無性に食べたくなって買いに行ったら季節限定物なので今日が最後の日だった。ラッキー!

P1000341.jpg
中にアーモンドクリームが入っているパイ。
フェーヴという陶器で出来ている人形が忍ばせてあって、切り分けて食べた時に
フェーヴが入っていた人は1日王様になれるっていうラッキーな人。
アンリ・シャルパンティエで購入したんだけど、フェーヴは誤飲防止の為、別添になってた。
私のはフィナンシェでした。
早速切り分けて子供たちとおいしくいただきました。
パイ生地がバターが効いていてさくさくとしていて中のアーモンドクリームも口当たりが良くて
あっという間に食べてしまいました。
うちの子達は今回食べるのが初めてだったけど好評でした。
食べたことのない方は来年是非! おすすめのパイです。

 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。